中学高校の6年間、詳しく英語を学ぶなら?塾に通うだけでもいいの?

f:id:MT6538:20190215161938j:plain

 

こんにちは。現在ますます英語の重要性が高まっていることは日本人もよく自覚してきていることと思います。

 

企業の海外進出、グローバル化は当たり前のようになり、外国人観光客や外国人労働者は増加の一途をたどっていますね。

 

それに合わせて、就職や昇進の際にも英語力を条件に課されることが多くなっているというのが実情です。入学試験においても、文法や読解だけでなくリスニングが導入されてからかなりになりますが、そのうちスピーキングが必要になるかもしれません。

 

それぐらい重要性が増している英語を、中学高校と6年間学ぶわけですが、どのような姿勢で取り組んでいけばよいか?塾講師の視点で述べてみたいと思います。

 

 

意識は二極化している

 

私は何十年も前の学校教育を受けて育ちましたから、英語に関しては穴埋め問題とか並べ替えとかに始まり、下線部を訳しなさいとか英語に直しなさいとかそんな思い出しかないです。

 

夏休みに出された宿題は、薄い冊子のような教材を全文日本語訳してこい、とかだったような気がします。

 

さすがにそうした古色蒼然とした英語学習はだいぶ薄れてきているでしょう。私の時代は、中高6年間やったつもりでいながら洋画を見てもほとんど聞き取れず、簡単な日常会話ですら口をついて出てこない。そんな状態でした。

 

今はどうでしょうか。英語を使う仕事にある人、英語圏とかかわりがある人の子供たちは早くから英語学習の重要性をしっかりと認識し、旧式の学校教育では身につかないと手を打っているはずです。

 

有名人の子供がインターナショナルスクールに行ってバイリンガルになっている例もいくつか思いつきますが、言語を吸収しやすい年頃に英語に触れることで脳に回路を作ることができるのでしょう。

 

一方、育つ過程でまったく英語との接点がなく、「中学に入ったら英語やらないといけないんだよな」ぐらいな認識で小学校を卒業し、中高6年間もあくまで英語は「学校で習う科目」である人もまだまだたくさんいますよねきっと。私と一緒です。

 

仕方ありません。日常生活、日本語で用が足りますから。しかし、すでにもう歴然とした差がついてしまっており、これを埋めることは非常に難しいです。

 

6年間の英語学習を無駄にしないために

 

もし中1から6年間、英語圏の学校で生活すればほとんどの人は話したり聞き取ったりということでは不自由なくできるにちがいありません。

 

しかし日本にいてまったく生の英語に縁がなく、学校の授業だけが英語と思っていれば、文法事項を一つ一つ習い、単語を覚えるという旧タイプのルートを通って結局は高校以降に自分でまた勉強し直しということになります。

 

もちろん学校の授業は基礎になります。文法も単語も絶対必要ですね。ただ、それらの知識が死んでしまわないよう、英語の総合力の一部として使えるようなものにしなければあまりにも惜しいです。

 

塾といっても教える人間はピンキリ

 

大学受験でとにかく知識は詰め込みますから、日本生まれ日本育ち、全然しゃべれない聞けないといった大学1年生でも中学生や高校生を教えることはできます。

 

でも、それは全部本から得た知識です。言葉は悪いですが受け売り。文法にのっとって解説はできますが確信を持って話しているわけではないですね。「受験勉強の時、本に書いてあったから」それを基盤として教えているのです。

 

なぜそう言えるのかって?遠い昔、私もその程度で英語を教えていた時期もあったからです(笑)。それぐらいで中高生に英語を教えている人、まだまだたくさんいるんじゃないでしょうか。

 

英語圏の生活経験のある人、あるいは自力で高みに到達した人に学べ

 

英語の場合は、本の知識で薄く語る人よりも、「英語圏で生活していた人」「英語を話す人と交流のある人」「日本にいながら尋常でない量の学習をして英語力をつけた人」のどれかに学ぶことを断然、おすすめしたいです。

 

なぜなら、本で学んだ人はそこに書いてあった以上のことは出てこないです。自分の体感としてはこの文章のニュアンスはこうだ、これまでこういうことがあった、誰それがこんな風に言った。無理なんですそういう切り口は。

 

また、英語圏では聖書とかマザーグースとかの知識は常識のようになっているそうですが、そうした背景知識がなければ理解できない文章もあるでしょう。教える側の英語力によって、興味・関心をかきたてる面白い授業を展開する余地があります。

 

定評のある講師はやはり実力がある

 

英語を教えている有名な先生、予備校界でもたくさんおられますよね。実際、長年そうした厳しい競争にさらされて評価を得続けるというのは、並の力ではできないことだと思います。本物の英語力を持っているということですね。多くの学生・同業者の目はごまかせません。

 

もちろん英語力だけではなく、「理解させる力・巧みな話術」や、「人間的魅力・カリスマ性」など他のすぐれた要素も持ち合わせていることも言えます。

 

そういう講師が自分の学校や塾にいればいいのですが、なかなかそこまでは望めません。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。どうせ英語を習うのであれば早い段階から力がある講師の授業を受けるべきだと思うのです。

 

ということで、当ブログではスタディサプリの関先生、肘井先生の授業をおすすめしています。

 

関先生はスタディサプリENGLISHの方でも授業解説を行っていますので、日常会話やTOEIC(トイック)に関心のある方はそちらを視聴されてみるとよいでしょう。

 

大事な時期に、英語を将来にも役立つ形で学習されることを願います。これからの日本人にますます要求されるスキルでしょうから。ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。