スタディサプリ「ベーシックレベル英語」で最重要文法から学ぶには?

f:id:MT6538:20160906160557j:plain

こんにちは!

 

英語、まずは試験によく出る部分から集中的にやっていきたいという思っている人はいませんか。

 

そこで今回は、「スタディサプリベーシックレベル英語(高1高2共通)」を紹介してみます。

 

この記事は、

  • 英語の文法や語法を効率よく通しで学習したい方
  • スタディサプリの英語講座はどれを受講したらいいかわからない方
  • 少し自信がなく、ていねいな説明をしてほしい方

向けに書きました。

 

きっと参考になると思うので最後までおつきあいください。

 

全部視聴したという証拠画像です ↓

 

f:id:MT6538:20190402175516p:plain

 

 

スタディサプリの「ベーシックレベル英語」は、高1高2の共通講座。

 

構文、語法、慣用表現などの文法をきわめてていねいに解説してくれている講座で、受験生にとっても十分有用なものです。

 

たとえば,

"A whale is no more a fish than a horse is."

"You may as well throw your money away as lend it to him." 

といった文も入っており、よく狙われる文法事項を効率的に学ぶのに適切な講座です。

 

まずはスタディサプリから講座の概要を引用します。

 

この講座は、前編後編で、高校英文法の範囲を網羅的に扱います。否定文や疑問文の作り方、動詞の変化、比較級の作り方など、ゼロから英語を学べる設定になっています。単語や確認問題のレベルも、非常に易しいレベルに設定しています。それでいて、高校で学習する細かい英文法も扱っていますので、日々の学習やわからない所を調べるのにも、非常に適しています。

文法用語も、極力使用は避けています。仮に初めて聞く文法用語でも、講座を継続して受けてくれれば必ず理解できるようになっています。1チャプター約10分の設定ですので、細切れの時間を利用して、最後までやり通してください。

f:id:MT6538:20180515175354j:plain

ベーシックレベル英語の特徴

非常に詳しく、分量が多い

全部で33講あり、それぞれ10分程度の授業、4~9チャプターから構成されています。

 

スタディサプリの中では分量は多め。英文法を時間をかけてしっかりと学習するための、網羅的な講座です。

 

中学で学ぶような事項も省略せず含まれており、この講座で高校までに習う英文法を一通りマスターできるように作られています。

 

講師の肘井先生がテキストに沿って説明していくのですが、細かいところまで徹底してやりつくす授業で、このあたりはもう一人の英語講師、関正生先生と対照的な講座です。

 

公式ページ☟

テキストが使いやすい

文法の基礎教材はこれ一冊で足りると思われるほど細かく作られており、授業に合わせて書き込む余白も十分あります。

 

ベーシックレベルのため、載っている問題はかなり平易。英語に苦手意識のある人がつまづきにくいような配慮がなされています。 

テキストに載っていない有用な話が多い

要所要所では文章だけでは伝わりにくいこともあるのか、テキストに載っていないような話をされていました。

 

講師のこうした話を自分なりにテキストに書いておけば、後で読み返した時に記憶がよみがえりやすいのでおすすめです。

スタディサプリ英語の講師は肘井先生

スタディサプリベーシックレベル英語の担当講師は、肘井学先生。

 

慶應義塾大卒業で、秀英予備校を経てスタディサプリの講師になったということです。 

f:id:MT6538:20190402183932p:plain

もう一人の関先生は、授業中にくだけた話もかなり多いのですが、肘井先生は冗談らしきものを言うこともありません。

ガチンコスタイルです。テキストのまえがきには、

  • 急に英語ができるようにはならないこと ⇒ 最初の3ヶ月はがんばること
  • 授業を受動的には受けないこと ⇒ 復習を習慣にすること
  • 英語は一度で身に付かないこと ⇒ 復習で、何度も反復すること

 ということが書かれています。

 

さらに第0講として、

「英語はすぐには出来るようにならない」
これが最初のメッセージとなります。
ちょっとやったら何とかなるんじゃないか,1 ヵ月やったけど,何だか…
こういう思いを抱かないためにも,最初にお伝えしておきます。

と念押ししています。

 

肘井先生がスタディサプリ講師を引き受けた理由はこちら。

www.takec.jp

おすすめの使い方

高1高2の段階からじっくり時間をかけて講義を受けていくのが一番おすすめです。

 

受験生が全部を通して見るには、やはり分量が多いので必要な分野のみ選んでみるのがいいですね。

 

入試の準備として、抜けていそうなところ、苦手なところを克服するのに利用してください。

まとめ 

いかがだったでしょうか。

 

英語では会話やコミュニケーションが重視されつつありますが、スタディサプリの講師は文法もおろそかにしてはならないと語っています。

 

高校英語の文法全体をカバーして補強する講座なので、穴がありそうと思う方にとってはおおいに役に立ちます。

 

スタディサプリ全般についてまとめた記事はこちら。

www.takec.jp

 

公式サイトを読んでいただくと、よりいっそう詳しい情報がわかります。

 

ぜひクリックしてご自身の目で確かめてくださいね。

公式ページ☟