教育費はやはり大きい!子供を大学にやるまでの費用は?

f:id:MT6538:20190206141427j:plain

 

こんにちは。子供を一人育てるということはやっぱり大変な覚悟がいるのですね。学費に関してはどのような形で進学させるかによって幅はありますが、親に大きな負担がかかってくることが避けられないのだと知りました。

 

 

教育費について

 

さて、ネットで調べたところによると、子供1人が誕生してから大学卒業までにかかる教育費というのは、安く見積もったとしても1、300万円以上、高い場合だと4、400万円以上になるとのことです。

 

安い場合は、幼稚園から大学まで公立という想定ですかね。浪人したり一人暮らししたりといったこともなく、考えられる最安のルートで大学を卒業するケースです。

 

高い場合は、幼稚園から大学まですべて私立。特に大学は私立医学部という設定です。

 

これに加えて、基本的養育費(食費、医療費、小遣い他)が1,600万円以上だそうです。子供を作ることに慎重になるはずですね。

 

f:id:MT6538:20190206142031j:plain

 

余分にかかるお金

 

上記に含まれていないのが塾、習い事などの余分にかかってくるお金ですね。「学校で何とかしてくれないのか」と言いたくなると思いますが、到底そこまでフォローしてはくれません。

 

特に浪人した時にかかる金額はバカになりません。私は中堅クラスの塾(予備校)で働いておりますが、そこの学費は入学金+年間授業料+諸経費だけで80万円ぐらいになります。

 

これに追加して夏期講習だの冬期講習だのが別料金ですし、受験の時にはいくつもの大学に受験料を払う、遠方まで飛行機で行って宿泊するなど次々に費用が発生する時期となります。

 

f:id:MT6538:20190206142130j:plain

 

子供の将来のために

 

子供が希望する進路へ進めるよう、あるいは就職などの際に少しでも有利になるようにとご家庭は無理をして塾に通わせていることもあるだろうなと想像します。

 

私は個別指導担当の講師なのですが、授業料は非常に高いのですね。マンツーマンで生徒を指導するので必然的にコストがかかってくるのですが、やはりわからないところをすぐ質問して解決できるという環境は強いです。

 

ちょっとしたことがわからないために、ずっと足踏みをしていたり、それが原因で次々とつまづきの原因が増えていったりして、最終的に全部放り出してしまうことってかなりあると思うのですが、そうならないようにその都度サポートしてスムーズに前に進めるように気を配るのが私の仕事です。

 

ほとんどの生徒が適切な段階でそうしたサポートを受けられれば傷口が広がらず後々困らずにすむと思うのですが、それにはどうしても親の経済力が関係してきます。

 

f:id:MT6538:20190206142304j:plain

 

スタディサプリをすすめる理由

 

理解のしやすさは、

 

マンツーマンで説明を受ける > わかりやすい講義を聴く > 参考書の解説を読む

 

だと思うのですね。1対1であれば、自分が今わからないところ、できないところをピンポイントで解決できるという利点があります。

 

わかりやすい講義は、自分の疑問点がすぐ解消されないという面はありますが、全体像をつかめるし、一般的な重要ポイントを強調してインプットしてくれるので自分のレベルに合ったものを選べば非常に力がつきます。

 

参考書の解説は、一人で読み進めるのがなかなか大変なのです。実際、私が担当している生徒たちも、「答えのこの部分はどういう意味ですか、何をしているのかわからない」と質問してくることが多いです。

 

なので、独学というのは確かに費用を最小に抑えることはできるのですが、一部の人を除いて難しいといえます。

 

経済的にもそう簡単に手厚い指導を確保できない場合には、まずは「わかりやすい講義」を試してみることをおすすめします。

 

14日間無料体験できる上に月額980円ですから、仮に合わなくてやめるにしても全くダメージはありません。

 

スタディサプリのおすすめ記事はこちらに書きました(ちょっと長いですが)。

ご参考になればと思います。

www.takec.jp