• 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明

【スタディサプリ】本気で合格したいなら迷わず「合格特訓コース」を!

f:id:MT6538:20180812202019j:plain

こんにちは。

 

スタディサプリには基本プランである「ベーシックコース」とは別に、オプション付きの「合格特訓コース」があります。

 

結論を先に言うと、「逆転合格したい」とか「絶対第一志望に入りたい」とか決意して臨む受験生はスタディサプリをするならぜひ「合格特訓コース」を選ぶことをおすすめします。

 

今回はそれについて記事にしました。きっと参考になると思うのでぜひ最後までおつきあいください。

 

ベーシックコースより効果が高い合格特訓コース

両コースの違い

f:id:MT6538:20190308193041p:plain

ベーシックコースと合格特訓コースの違いは次の3点です。

 

  • 費用
  • あなたの志望校向け学習プラン
  • あなた担当コーチ

 

授業動画4万本以上見放題というのはどちらも同じです。

 

ベーシックコースの料金が980円なので、合格特訓コースの9,800円にそれだけの価値があるのか疑問に思われる方もおられると思います。

 

それを今から説明していきますね。

最大のメリットは「あなた担当コーチ」

f:id:MT6538:20190308183551p:plain

 

「合格特訓コース」の特徴として、受講生に難関大現役の担当コーチがつくのですが、これが最大のメリットだと考えられます。

 

塾や予備校に通っていたとしても、毎日講師やチューターに質問しにいくのは難しいでしょう。

 

「合格特訓コース」の担当コーチは難関大の大学生、少し前に受験に成功した先輩ですから、勉強の内容についてはもちろん、学習方法や精神的な悩みなど、チャットで有益なアドバイスをしてくれます。

 

毎日、勉強内容や時間数を報告して励ましてもらったという人もいます。

 

「大学に合格できたのはコーチのおかげ」と言っている人が多いことからも、受験におけるコーチの存在の大きさがわかりますね。

 

CHECK!

 

難関大大学生が毎日質問に答えてくれたり相談に乗ってくれたりするのは心強い

 

志望校向け学習プラン

受験生によって志望校は違いますし、現状や長所弱点、それぞれ異なっているはずです。

 

それらを分析して受講生それぞれの最適な学習プランを立ててくれる。

 

これも「合格特訓コース」の大きな特徴です。

 

志望校までの道筋がおおまかに見えてきますから、自分の今いる場所、何をどのように努力すれば合格できるのかがはっきり認識でき、モチベーションが高まります。 

 

受験生のサポート費用としては安い

塾・予備校に通うことを思えば

f:id:MT6538:20190308190452p:plain

ベーシックコースは月980円(税抜)、合格特訓コースは月9,800円(税抜)です。

 

ベーシックコースに比べれば費用はかかるようですが、それでも月に約1万円。

 

塾・予備校に比べれば破格の安さです。

 

そして、質問に答えてもらったり悩みを相談してもらったりといったサポートが学習の推進力となり、志望校合格の可能性が高まります。

受験では聞きたいことがいくらでも出てくる

受験生には質問したい、話したいことがたくさんあります。

 

勉強内容の質問だけでなく、

 

  • 次にどんな問題集をやったらよいか
  • 模試の成績が悪くて落ち込んでいます
  • 今の勉強のやり方でいいか
  • センター対策はいつからやったらいいか
  • 計算ミスが減らないです

 

話を聞いてくれたり、的確なアドバイスをくれたりする相手を見つけるのは簡単ではありません。

 

結果が出ていない時や落ち込んでいる時に、頼りになる人に相談できればまた前に進むことができます。

 

客観的に見て「合格特訓コース」の費用は決して高くはありません。

 

ベーシックプランだけでもよい人は?

学校や塾・予備校などのサポートがある人

信頼できる相談相手がいる場合はベーシックプランで大丈夫です。

人に相談するのが好きでない人

コーチに相談したり、報告したりといったことがあまり好きではないタイプもいると思います。そういった人にとってはコーチをあまり活用できないかもしれません。

自分で計画立てて進めたい人

誰かに学習プランを立ててもらうのではなく、自分のことは自分で決めたいという人。管理されたくないというタイプですね。

 

ただ、こうした人でも行き詰って悩んだりした時にはコーチに相談した方がいいかもしれません。

 

「合格特訓コース」利用者の声 

コーチのアドバイスで学習方法をチェンジ

身近に受験経験者がいない私にとって、年齢の近いコーチの存在が大きな支えになりました。秋頃に模試の点数が悪くて焦り、モチベーションが下がったことがあります。そのときも、「それが模試でよかった!」と言ってもらえて、悪い結果を引きずらずに済みました。模試で間違ったところは解説を読んで納得するだけでなく、参考書にメモを書き込むなど、コーチのアドバイスで勉強方法を改善していきました。

志望校に通う先輩コーチのおかげ

思うように過去問が解けない時期もありましたが、「出題傾向に慣れていないだけだ」と思い直したんです。スタディサプリで教わってきたことを思い出しながら、ひたすら解きまくり、自分で考えてもわからないときはコーチに解法を教えてもらいました。コーチは、今僕が進学している東京工業大学第5類の先輩で、ずっと憧れの存在でした。僕が受験したAO入試は、ウェブ上に過去問が掲載されているのですが、答えは掲載されません。難しい問題に僕がつまずいていると、コーチはいつも丁寧に、鮮やかな解法を示してくれました。考え方のコツも教えてくれて、改めて「僕が目指しているところは、すごいところなんだな」と感動しました。塾に通うことなく志望校に合格できたのは、コーチやスタディサプリの講師を信じたおかげだと思います。

落ち込んだときもコーチの存在が励み

勉強を進める上で、コーチの存在は大きかったです。コーチは年齢も近いので相談しやすく、LIVE夏期講習を受講する際に、基礎と応用のどちらのコースを選んだほうがいいかといったことや、勉強の進め方など、さまざまなことをアドバイスしてもらいました。僕は私立が第一志望だったのですが、高校には“国公立が第一志望であるべき”といった雰囲気があり、先生に相談しづらいことも多かったんです。そんなときはコーチに相談していましたし、志望校の過去問の英作文を採点してくれたこともありました。センター試験で失敗したとき、コーチに「センター試験で失敗しても、一般入試で合格している人はたくさんいる」と言ってもらえたことが印象に残っています。コーチの一言のおかげで、しっかりと気持ちを切り替えて、一般入試に臨むことができました。 

コーチは見守ってくれる存在

勉強のコーチングを中心に、コーチには大変お世話になりました。コーチからは学習プランとともに宿題も出されていたのですが、自分がやりたい勉強をやっていたため、100%コーチの指導通りには宿題を進められなかったんです。それでも、コーチはいつも温かく見守ってくれました。なかなか結果が出ずに焦っていたときも励ましの言葉をかけてくれたし、人には言いづらい愚痴もちゃんと聞いてくれました。受験においては、コーチのような寄り添って支えてくれる存在が大事だなと改めて思います。 

コーチに毎日勉強時間を報告

僕は予備校に通っている人たちと違ってほとんど家にいるので、どうしてもモチベーションが下がったり、朝起きるのが遅くなったりしてしまいがちでした。夏前くらいに、コーチから「毎日勉強時間を報告してほしい」と言われたんです。毎日「何時から何時までどの教科書を使って勉強したか」を全部報告したことでモチベーションも勉強時間も保てたし、心の支えにも受験勉強の支えにもなりました。毎日報告しなきゃと思うと、毎日朝もちゃんと起きて勉強しなきゃってなりますから。ほかにも、コーチから「効率はどんな感じ?」と聞かれることもありました。「ボーッとする時間が増えてしまった」と相談すると、たとえば気分を変えるために「自分の部屋じゃなくて台所で勉強してみたら?」とか「勉強の順番を変えてみたら?」とか、少しでも気分が変わるようにアドバイスをしてくれました。秋くらいにモチベーションが下がったときも、「勉強時間をちゃんと確保していれば、いつかは成績が上がってモチベーションも回復するから」と励ましてもらって、何とか机に向かうことだけは続けていけたんです。毎日報告するとコーチも毎日返信してくれたので、すごく信頼していました。 

(以上、公式サイトの合格体験記より引用) 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

本気で受験勉強をして大学に合格したいという方には、スタディサプリの「合格特訓コース」をおすすめします。

 

2019/4/7までに申し込むと、2,000円×9か月のキャッシュバックがありますから、実質7,800円/月で合格特訓コースを受けることができます。

 

志望校に向けて頑張ろうという方はこの機会をお見逃しなく。

 

スタディサプリ全般についてまとめた記事もあります。

www.takec.jp

公式サイトを読んでいただくと、よりいっそう詳しい情報がわかります。

 

ぜひクリックしてご自身の目で確かめてくださいね。