• 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明

スタディサプリ「スタンダード数学Ⅲ」は面白いオジサンの良い授業!

f:id:MT6538:20190411113946j:plain

こんにちは!

 

理系に進んだのだけれど、意外に数学Ⅲが難しくて困っている方はいませんか?

 

計算量が増えて、ⅠAⅡBとは違ったややこしさがあります。

 

理系の入試では数学Ⅲからの出題比率が高いところが多いため、どうしてもできるようになっておきたいですよね。

 

スタディサプリの「スタンダードレベル数学Ⅲ」は、ごちゃごちゃしやすい数学Ⅲの内容をリラックスしながら深く学べる講座です。

 

定理や公式の深い意味・多彩な解法や裏ワザも教えてくれるユーモラスな講座ですので、理系の方で数学Ⅲを強化したい方にはおすすめできます。よろしければお付き合いください。

 

視聴終了の画像です。↓ 

f:id:MT6538:20190411120151p:plain

 

公式ページ☟

 

スタディサプリ屈指の個性派講師

とりあえず先に講師の紹介をします。

 

すべての授業において、特注の真っ赤なTシャツを着ているのは堺義明先生。

 

自分のことを「おじさん」と呼び、動きや話しぶりもひょうきんでユーモラスなため、数学の授業を受けているにもかかわらず、何となく肩の力が抜けて面白く感じてしまいます。

f:id:MT6538:20190411121707p:plain

f:id:MT6538:20190411121310p:plain

河合塾のグリーンコースでも教えており、授業を受けているとただの「面白い変なおじさん」でないことがすぐにわかります。

 

堺先生の授業の特徴を紹介します。

見落としやすいところを必ず取り上げる

受験生が間違いそうなところ、理解が浅そうなところを忘れずに扱うのには感心させられます。

 

なので数学Ⅲを初めから学習する人、苦手な人のみならず、かなり理解の進んだ人でも新たな発見がある授業です。 

別解を示してくれることも多い

数学においては、「そんなうまい解き方、思いつかない」ということも多々あります。

 

堺先生は、実際に思いつきそうな解き方をいくつか挙げてその良しあしを説明してくれたり、どう発想したのかという過程を教えてくれたりするので、問題を見た時にどこから手をつければよいかわかりやすいです。

計算のコツも丁寧に説明

数学Ⅲでは、計算力が非常に大事になるのですが、参考書や問題集ではなかなかそのコツを書いてくれてはいません。

 

スタンダードレベル数学Ⅲでは、折にふれて堺先生がスピードアップや検算の方法、間違いの例を取り上げてくれますから、この点だけでも価値があります。

 

f:id:MT6538:20190316141953j:plain

スタディサプリの授業内容

講座にカバーされている分野は?

  • 複素数
  • 分数関数
  • 2次曲線
  • 極限
  • 微分
  • 積分

と、数学Ⅲで扱う範囲を24講にわたって解説してあります。各講2~5のチャプターで、1つの授業は長くても30分程度です。

厳選された良問しか扱っていない

問題数は正直、チャート式などと比較すれば非常に少ないと思います。

 

計算などは多くの小問もありますが、基本的に各講に1問と確認問題1つですが、どれもが核心をえぐるような問題ばかり。

 

入試問題のように難解だったりするわけではないのですが、「そこがわかってるかどうかが大事なんだよね」というのをセレクトしています。

 

少ない問題数で最も大事な部分を選んでいるということですね。

 

f:id:MT6538:20171031112445j:plain

講師のことば

テキストのまえがきから引用します。

 

どうしたら自転車が上手に乗れるようになるのだろうか?


補助輪を付けて練習した人もいたでしょう.何度も転んで怪我をして,それでも諦めずに乗り続けることで,上手く乗れるようになりました.自転車に 3 回しか乗ったことがない人と 300回乗ったことがある人ではどちらが上手に乗れるでしょうか.

 

その答は明白です.自転車を上手に乗れるようになる為に,競輪選手のビデオを徹底研究する人がいたとしたら,あなたはどうアドバイスしますか?


そんなものをいくら見て研究しても,実際に自転車に乗ってみないと上手にはならないとアドバイスするでしょう.


受験勉強というのは,数学に限らず,自転車を上手に乗ることに似ています.一流の学者の論文を読んだりしてもいけないわけで,実際に自分のまわりにある問題と実際に格闘してもがいて苦しんではじめて問題が上手に解けるようになるのですね.


ただ,受験勉強の場合は,自転車における補助輪に相当する,参考書や予備校,そして「スタディサプリ」など,これから実力をつけようと考えている受験生にとっての踏み台になるものが沢山あります.


それらを上手に利用して,最後は自分の力で時間の許す限り多くの問題を経験して,制限時間内でちゃんとした解答を書けるようになるまで徹底的に練習することによって,合格がより確実なものになるわけです.


以上のことを意識しながら授業を受けて,自分の及ばない所を少しでもなおしていけば,必ず数学はできるようになるはずです.


最後まで諦めずに頑張りましょう‼ 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

残念ながら数学ⅢにはⅠAⅡBにあった「ベーシックレベル」がないので、それに比べると少し水準が高いです。

 

受験勉強の手始めとしては素晴らしい素材で、挫折しにくい分量なのも申し分ないですね。

 

スタディサプリについては下記の記事にまとめましたのでよろしければご一読ください。

 

www.takec.jp

 

公式サイトを読んでいただくと、よりいっそう詳しい情報がわかります。

 

14日間の無料体験期間があるので、この講座を試しに受講してみるといいですよ。 

ぜひクリックしてご自身の目で確かめてくださいね。

高校講座公式ページ☟