メンタリストDaigo『超効率勉強法』をおすすめする理由

f:id:MT6538:20190410090410j:plain

 

こんにちは!

 

今回は、『超効率勉強法』という本を読みましたので感想を書きたいと思います。

 

 著者は、テレビのバラエティなどでよく見かけるDaigo氏。

 

メンタリストという、心理学の専門家のような肩書で、著書もたくさんあります。

 

基本的に私はテレビで活躍する方はちょっとうさんくさいと思っていたのですが、この方の本には感銘を受けましたのでおすすめしたいと思います。

 

良かったところ

とにかく読みやすい

他の勉強法を扱った書籍に比べて、非常に読みやすく書かれています。

 

Daigo氏の言葉遣いやレイアウト、これはブログの構成のうまい下手にも通じるものがあると思いましたが、「最初に見ただけで心をつかむ」「読み手が離脱しないような配慮」がなされていると感じました。

納得できるメソッドと根拠

既存の方法は効率が悪いと否定する際にも、提案する方法がいかに効果的であるかを語る際にも、すべて脳や人間の心理などの根拠を提示しています。

 

研究データなどがあると信頼度も増しますし、そもそも自分でも「そうなんじゃないのかな?」と思っていたことなのでなおさら共感できた感じです。 

 

うーん・・・と思ったところ

Daigo氏は慶應義塾大学理工学部で物理を学んでいたらしく、要するに「すごく頭のいい人」なのですね。

 

ですから、本に書いてあるさまざまな方法も、「頭がよくなかったらできないのでは?」というものがいくつもありました。

 

ただ、その中で自分にできそうなものを多少取り入れることはできますし、冒頭の「科学的に効率の悪い7つの勉強法」は知っておくべきかなと思いました。

 

以下の方法は効率悪いそうです。 

  1. ハイライトまたはアンダーライン
  2. 語呂合わせ
  3. テキストの要約
  4. テキストの再読
  5. 集中学習
  6. 自分の学習スタイルに合わせる
  7. 忘れる前に復習する

おわりに

いかがだったでしょうか。

 

本を読んでいて、この人は本当に頭の回転が良いと思いましたし、他の勉強本とは一線を画す内容だったので非常によかったです。

 

受験生や、社会人で学習をする方にはおすすめです。