• 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明

スタディサプリの数学講師が離島で中学生に授業!その効果は?

f:id:MT6538:20060926062439j:plain

 

こんにちは。

スタディサプリの講師で、離島に移り住みそこで授業を配信している方がいます。

 

都会から島根県の隠岐に移住されたとのことで、よほど強い気持ちがあってのことだと思います。

 

離島での教育現場について語った動画がありましたので紹介します。

 

数学の大辻雄介先生のインタビューより引用しました。

 

www.youtube.com 

大辻雄介先生とは?

f:id:MT6538:20190326191646p:plain



大辻先生は、慶應義塾大学卒。

 

栄光ゼミナールなどの教壇に立ち人気を博していましたが、のちにベネッセに転職。サテライト事業部門で働いていたとのことで、授業配信についてはプロフェッショナルですね。

 

スタディサプリでは中学数学を担当されています。

 

そんな大辻先生が都会を離れ、あえて離島で授業をしているのかについて語っています。

 

離島の中学生の現状は?

中学生と塾講師の悩み

隠岐諸島は4つ有人島があります。高校はみんな船に乗って通ってきてくれるんですけど、中学生はそれぞれの島に中学校がありますからなかなか放課後に海士町にある塾にまで通ってくれないという事情がありまして、もともとは我々の方から出向いて指導していたという経緯があります。

 

ただ冬場ですね、波が荒れて船が欠航するということがありまして、特に受験前の冬場に欠航が多いものですから、必ず定期的に授業時間を開催しようということでこの隠岐國学習センターからインターネットで授業を配信するというしくみが始まったのが2年前の冬ですね。

 

学習センター以外に1つスタジオを借りていまして、そこに遠隔授業の配信拠点を置いています。ここには電子黒板とそれを配信するためのパソコンがあって、そこの前で私が授業をする、と。決められて時間に英数国の授業がありまして、その時間になると生徒はタブレットパソコンや家のパソコンの前に座って生放送の授業を聴くという形になります。

f:id:MT6538:20170718105045j:plain

授業配信のメリットとは?

2つ大きなメリットがあるというふうに考えております。それぞれの島で育った中学生の多くはですね、他のクラスの生徒と一緒に授業を受けるという経験がないまま9年間を過ごしていますので、一堂に会した時に新たなライバルの創出というか、互いに切磋琢磨できる環境を作ることができたなあ、というのがありますね。

 

そしてもう1つはなんですけれども、けっこう生徒数が少ないとですね、その子のレベルに応じて授業というのがむしろ難しくてですね、3つの学校を合わせて30人にすれば、逆に3レベルの10人10人10人の、それぞれのレベルに応じた学習内容の授業ができるようになったことで、習熟度別の授業が実施できるようになったというのがメリットの2つ目です。 

先生の授業も場所を選ばない 

実際に学習センターから数学は私が配信しているんですが、英語や国語の先生を探すとなった時に必ずしもこの島前地域から探す必要はまったくなくって、それができる方が群馬県にいれば群馬から英語を配信してもらえますし、島根県の本土側に国語を配信できる先生がいらっしゃればその方に依頼するという形で今は英数国でそれぞれ配信する拠点が違うというふうに、全国から優秀な先生が集うという形になっています。 

新しい形の働き方が増える 

ソーシャルメディアが隆盛することによって、ニッチな形で、その代わりコアなファンになって熱度を持っていろんなサービスが展開されていくっていうような時代が移っている中、大企業でたくさんの人を相手にビジネスをするだけじゃない生き方が今後はたくさん増えていくだろうっていう思想があります。 

そうなると、どこか小さな組織体に入ってすごくとがったことあるいはその地域にだけ大切な何かを、その地域に根差して展開していくっていうことがすごく面白そうだないうふうに思った経緯があって、すごく元気な海士町に飛び込んだということですね。   

最先端のことっていうのは、資本力のある大都市の方が技術はだいたい生まれるとは思うんですよね。それをこう、翻訳する人がキーパーソンだと思っていて、「このテクノロジーはわが町のあの課題を解決するのにぴったりだ」っていうのをもつ審美眼ですかね、そこが地域が元気になっていくファクターとしては大きいと考えています。 

 

大辻先生の授業は☟

 

f:id:MT6538:20180515175353j:plain

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

人気講師でありながら、あえて人口の少ない離島を本拠地として新しい試みをされていて、このような教育の形が成功して全国の少子化が進んでいる地域に定着すればいいと感じました。

 

若い人の教育について、思いを披露しているスタディサプリ講師の記事はこちら。

 

www.takec.jp

 

リクルートという大企業がたくさんの受験生を対象に授業を配信しているのがスタディサプリで、講座数の多さや講師の数といった強みはもちろん大きいです。月額980円。14日間の無料体験ができます。

 

ぜひクリックしてご自身の目で確かめてくださいね。

公式ページ☟