• 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明

スタディサプリ「スタンダードレベル数学」は効果の高い良問の講座!

f:id:MT6538:20190328114326j:plain


こんにちは。

 

数学は問題を解かないといけないのはわかっているけれど、「チャート式」は分厚すぎてやりたくない、という方は多いと思います。載っている問題数が1,000題近いので、見ただけでやる気なくす上に、意外と解説がわかりにくいです。

 

もっと効率のいい教材はないだろうかと探している方に、スタディサプリの「スタンダードレベル数学」を紹介します。

 

この記事は、

  • 学校の授業を受けて、教科書の問題は解けるようになった方
  • チャート式などの説明でわからないところがよくあるという方
  • できるだけ少ない問題数で効率よくやりたい方
  • センターや一般的な国公立大・私大の数学対策をする方

向けに書きました。

 

きっと参考になると思うので最後までおつきあいください。

 

良問で基礎と入試レベルをつなぐ講座

スタディサプリのスタンダードレベル数学は、入試の典型問題をよく研究して、応用の効きやすい良問ばかりで構成されています。

 

受験においてもっともよく出やすいのはこのゾーンであり、学習する時に効果が現れやすいのはこれらの問題をどんどんこなしている時です。

 

ベーシックレベルではまだ試験で得点するには至らず、ハイレベルから先は難問なので習得するのは大変ながら配点は大きくありません。

 

数学に限らず、いちばん「やった分だけ点になる」のは標準レベルになります。

数学の解答を自力で理解するのはたいへん

多くの人に経験があると思うのですが、問題集の解答を読んでいても「どこからこんな解き方を思いついたのか?」「なぜ突然この式が出てきているのか?」「『ゆえに』って書いてあるけどどうしてそうなるんだ?」というのはざらです。

 

あまり親切じゃない本もありますね。

 

文章で書いてあるものを読むより、人が説明しているのを聞く方が頭に入りやすいのは確かです。

 

ベテラン予備校講師なので話は当然うまいですね。

 

公式ページ☟

 

f:id:MT6538:20190223140407j:plain

スタンダードレベルの問題難易度は?

スタディサプリ数学のスタンダードレベルは、センターから地方国公立、MARCHや関関同立を目指す方に最適です。

 

典型的な手法を学習しながらも、ときどきひねりをきかせているので思考力も養われるよう配慮しています。

 

センターにしても国公立・私大にしても、問題集に載っている問題そのままみたいなものではほとんど差はつきません。

 

知っている解法を使えばできるけれど、ちょっと見たこともないようなものが明暗を分けるので、そういう意味でもスタディサプリのオリジナル性はありがたいですね。

 

スタディサプリ数学の講師は山内先生と堺先生

スタディサプリスタンダードレベル数学ⅠAⅡBの担当講師は、山内恵介先生。

 

中学数学の基礎も教えているかと思えば、高校数学ではベーシックからハイレベルまで幅広く担当。スタディサプリで最も信任の厚い講師の一人です。

 

秀英予備校などで教壇に立ち、多くの数学アレルギーを直してきたのだそう。

 

目力(めぢから)の強い熱血漢で、テキストのまえがきも数学の学び方について長文でくわしく書いてくれています。

 

他の先生より言葉遣いが丁寧で、「さ、」「~でございます」など独特の口癖があり、だんだんそれを聞きたくなってくるから不思議です。期待にたがわず、授業で何度も言ってくれますね。

 

f:id:MT6538:20190306145105p:plain

 

スタディサプリスタンダードレベル数学Ⅲの担当講師は、堺義明先生。

 

真っ赤なTシャツにアルファベットで何て書いてあるんだろうと思ったら、「HIGE」。ヒゲ?くるりと黒板の方を向いたら今度は背中に「数学教えます」。

 

ちょいちょい自分のことを「オジサン」と呼び、見ているだけで笑ってしまいそうなユーモラスな雰囲気なのですが、その授業はシャープです。

 

問題を解く前に公式や定理などの重要事項を証明してくれることも多く、受験生の抜けやすい部分をカバーしてくれる先生です。河合塾グリーンコースでも教えているという実力派。 

 

f:id:MT6538:20190322081333p:plain

講義や問題の分量は?

数学ⅠAⅡBは、48講義。前期24講でもかなりの力がつきます。各講、それぞれ3問+練習問題1問です。後期24講はさらにレベルを上げ、入試実戦練習として最適です。数学Ⅲは、24講義。それぞれ講義で1問+練習問題1問です。

 

講義は1チャプターが10分に満たないものから30分ぐらいのものまでさまざまですが、集中して授業を受けられる長さです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

スタディサプリ数学のスタンダードレベルをこなせば、青チャートと同レベルの問題を通しでやり終えたことになり、模擬試験などにも強くなれます。

 

もちろんこの講座を土台にして、さらに問題演習を重ねていくことは大事ですが、このスタンダードレベルで学んだことを中核にして解ける問題の範囲が広がっていくということですね。

 

もう一つ上の「ハイレベル」についてはこちら。

www.takec.jp

 

スタディサプリ全般についてまとめた記事はこちらにあります。

www.takec.jp

 

公式サイトを読んでいただくと、よりいっそう詳しい情報がわかります。

 

まずは14日間の無料体験で自分に合うかどうか試してみましょう。

 

ぜひクリックしてご自身の目で確かめてくださいね。

公式ページ☟