• 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明

スタディサプリと東進在宅講座の比較!講師や費用は?高い方がいいの?

f:id:MT6538:20190201115801j:plain

 

皆さんこんにちは!動画授業の選択肢として、スタディサプリ以外で最も有力なのはやはり東進ハイスクール在宅受講コースであると思います。

 

当ブログはスタディサプリをおすすめする趣旨で運営しておりますが、えこひいきのないよう客観的に両者を比較してみます!

 

 

最大のポイントは費用

 

率直に書くとここが一番の問題ですね。つまり、学費の高さを気にしなくてよいご家庭の子女は東進に行くことをおすすめします。

 

東進在宅受講コースにかかる費用

 

入学金 32,400円

通期講座(20回以上のもの) 81,600円

 

1つの講座(たいてい90分×20回)でこのお値段になります。

 

スタディサプリにかかる費用

 

一方、スタディサプリの方はベーシックコースが月額980円。スタディサプリLIVEという生放送授業でも、1講座9,800円、あるいは冬期講習受け放題コースでも39,800円という非常に抑えた価格で、受験生を抱えるご家庭にはとっても優しいです。

 

ということで、費用の面についてはスタディサプリの圧勝ですね。

 

▽神授業の生放送!鮮度抜群の講義に参加してその熱気を感じ取ろう!▽

 

講師陣は?

 

公平に見て、これは東進在宅コースの方が上です。全国的に超有名な予備校講師を引き抜いてきていますから、カリスマやスターの風格のある講師だらけです。

 

テレビのバラエティ番組でも有名な国語の林修先生をはじめ、英語の安河内哲也先生、日本史の金谷俊一郎先生といった一般の人でも名前を知っている講師、あるいは書店の受験コーナーで定番となっている参考書の著者が何人もいます。

 

そして、1科目当たりの講師数は東進の方がかなり多いです。たとえば大学受験英語については、スタディサプリの講師は2人なのに対し、東進の講師は13人もいますね。

 

スタディサプリの講師は、もちろん予備校界で実力のある方ばかりなのですが、一般的な知名度はそれほどではないようです。

 

_SPI6194

 

コースの数は?

 

東進の方はかなり細かくレベルを分けていますね。(高校入門)から、レベル11(東京大理3、京大医)までと、ほぼすべての受験生をカバーしているといっていいでしょう。

 

一方、スタディサプリの方も非常に多くの動画数を誇っています。ベーシック、スタンダード、ハイレベル、トップレベル、センター対策や志望校別対策など多岐にわたり、自分の力に合った最適の講座を見つけることは十分可能だと言えます。

 

最難関レベルについていえば、スタディサプリの講座数はちょっと少ないかなという気がします。

 

Support Key

 

サポート体制は?

 

東進在宅受講コースは、授業だけでなく確認テスト・講座終了判定テストなども利用できるシステムになっています。

 

また、バックアップサービスといって電話やFAX、ハガキで質問もできるようです。これは、時間がかかるし対面で説明を受けるのに比べるとかゆい所に手が届くとは言いがたいですね。

 

一方、スタディサプリには、月額980円のベーシックコースの他に、合格特訓コースというものが設置されています。

 

 

f:id:MT6538:20190205184211p:plain

 

こちらは月額9,800円になりますが、学習者に専属のコーチがつき、週ごとの学習計画が届き、質問や相談をいつでもすることが可能というものです。

 

コーチは東京大学・京都大学・早稲田大学・慶應義塾大学・一橋大学・東京工業大学のいずれかに在籍する現役大学生とのことなので、安心して受験勉強の相談ができますね。

 

▽スタディサプリ『合格特訓コース』の詳細が気になる方はこちらの画像をクリック!▽

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。結論としては、

 

  • 学費が少々高くなっても気にならないという方は、東進在宅講座
  • やはり学費も気になる、できるだけリーズナブルな範囲内で学びたいという方はスタディサプリ

 

ということですね。私個人としては、スタディサプリの費用とラインナップを見るとどう考えてもお得すぎると思っていますが、東進の講師陣もやはりこの業界の超一流どころですので。この記事を皆様が選択される際の参考にしていただければと思います。