• 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明
  • 画像の説明

私が『東大合格生のノートは必ず美しい』という本を読まなかった理由

f:id:MT6538:20190417165829j:plain

こんにちは!

 

以前、メンタリストDaigo氏の『超効率勉強法』を絶賛した私ですが、

www.takec.jp

逆に何かディスれる書籍はないのか?と考えていたところ(←ひどい)、こちらの本を思い出したというわけです。

 

タイトルだけを見てまったく読む気が起こらなかったのは、

 

「美しいノートを作ることは成績と何ら関係ない」

 

という確信があったからです。

 

なので、タイトルを見て「東大合格生の中にノート綺麗に書いてた人も探せばそりゃいただろう」としか思いませんでした。

 

[追記]※東大出でもないのにだいぶ偉そうです、ごめんなさい

綺麗なノート作りは効率が悪い

ノートを綺麗に作るのって、時間がかかるのは誰が考えてもわかりますよね。

 

でも、その作ったノート自体が作品として評価されるわけではなく、

 

授業or教材 → 自分のノート → 自分の脳

 

というステップになり、最終目標である「自分の脳」へ移し替える時間が減ってしまいます。

 

これに対して、ノート作りにかける時間を最小に抑え、できるなら

 

授業or教材 → 自分の脳

 

とした方がはるかに効率がいいのは明らかではないでしょうか? 

Amazon☆レビューがド正論すぎる

Amazonの「星1つ」レビューには、商品によっては時に言いがかりのような書き込みも見られます。

 

しかしこちらに関しては皆さん的を射た意見ばかり。すべて同意です。

 

部分的に引用します。

 

ノートをきちんとまとめるのは非常にコストパフォーマンスが悪いです
それなら参考書を読んだ方が遥かに速い
一部のノートがきれいな人を取り上げてるだけの本だと思います

自分の学校の東大出身の先生の黒板はすごい汚いですし

 

我が家に東大生がいる、友達に東大生がいる、子供の友達が東大生が多い、ので、
あえて書かせていただきます。
このタイトルは、正しくありません!

 

自慢のようで恐縮ですが、私は高校時代
成績が良かったですがノートは綺麗ではありませんでした。
ノートを作らない科目もいくつかありました。

 

僕は来年東大受けますが、もし受かったら、逆に東大生はノートを使わないて本だそうかな(笑)(ぼくは使わない派なので)

 

本書に影響を受けて、まとめノート作りに勤しみ成績が全く上がらないという悲劇だけは避けて頂きたい。まとめノート作りは絶対的な悪です!この当たり前すぎる事実に気づいて下さい!
私としては『東大合格生 みんなノートはまとめていない』とかアンチ本を出版したいくらいです。

 

 これらの意見を全面的に支持します。

 

スタディサプリ講師も「綺麗なノート反対」

スタディサプリの看板講師、英語担当の関先生も「綺麗なノートを作ろうとするな」と何回か授業で話しておりました。

 

その分授業に集中しろ、あるいは何度も書いて覚えるようにしろ、ということです。

 

テキストに書き込むとか、メモを取るとかはいいけれど、ノート作るのに時間かけるなということで板書も非常に少ない講師です。

まとめ

[再度追記:だいぶ論調がきつかったです、不快に思われましたらすみません]

この手の「ノート術」を受験生が真に受けると失敗する可能性が高いので取り上げてみました。

 

もちろん自分のノート作って上手に使える人は素晴らしいので人それぞれですが、本に書かれていることは鵜呑みにしないことも大事です。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。