スタディサプリ小学講座で中学受験国語を読み解く?

f:id:MT6538:20140623155151j:plain

 

こんにちは。

 

中学受験の国語、どのように勉強したらいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

日本語の文章を読むのには何の苦労もないけれど、問題を解こうとするとなぜか間違ってしまう。

 

フィーリングで解答して、迷って選んだ選択肢が当たったりはずれたり。

 

点数も安定しないことが多いのが国語です。

 

できることなら自信を持って問題を解けるようになり、得意科目にしたいですよね。

 

スタディサプリの小学講座の国語(応用編)の授業を受けてみましたので、概要を紹介してみます。

 

中学受験の国語を何とかしたいと思っている方に参考にしていただきたいので、どうぞお読みください。

 

 

 

スタディサプリ小学講座の講師は難関校のエキスパート

 

f:id:MT6538:20190314095944p:plain

 

小学講座の国語(応用)を担当されているのは、山崎萌(やまざきもえ)先生。

 

以下、公式ページの紹介文を引用します。

 

 学生時代から教壇に立つ。現在は関西の大手予備校に勤務。最難関クラスを任され、多数の合格者を輩出するなど目覚ましい実績を残しているが、その明るく親しみやすいキャラクターとわかりやすい解説で、生徒からの人気も非常に高い。

 

山崎先生は「駿台予備校 神戸校」で教えておられるそうです。以前は浜学園で教えていたことも。

 

つまり、中学受験の国語から大学受験の現代文まで担当されており、最難関レベルのエキスパートなんですね。

 

現代文が苦手な生徒でも非常にとっつきやすい教え方をされているそうです。

 

このような現代文の先生の授業を気軽に受けることができるとは、かなりラッキーです。

 

駿台でも生徒の人気は非常に高く、ジャニーズ大好きという一面もあるそうです。

f:id:MT6538:20190227183759j:plain

スタディサプリ小学講座国語を実際に視聴

スタディサプリで文学的文章を学んでみる

小6の講座で「文学的文章」というタイトルの授業を見てみました。

 

先にテキストの本文を読むと、まず文章を読む際にどこを注意すればいいのか書いてあり、その後に小説の一部のような文、そして問題と続いていました。

 

先に本文を読んで問題も自分なりに解答してから、実際に授業を見てみました。

 

スタディサプリ小学講座国語のテキスト

 

f:id:MT6538:20190314124512j:plain

 

テキストにも授業内容はまとめられていてそれだけでも要点がよくわかり、予習もしやすいと思いました。

 

文字も適度な間隔が空いており非常に読みやすくストレスがないレイアウトです。問題も選択式だったり本文から抜き出したりで、楽しく考えることができる教材です。

 

テキパキと流れるようにポイントを解説

f:id:MT6538:20190314125423p:plain

 

山崎先生の授業はキレのいい関西のイントネーションで、流れるように進めていきます。

 

文章の大事なところにチェックを入れさせるようにして読んでいきますから、ひとりで漫然と読むのと違ってどこに注目すればよいのかはっきりと気づくことができます。

 

本文を読みながら、人物像、場面・事件をつかんで頭の中に入れておく。それが問題を解く際に役に立つのですね。 

問題の解き方が明快にわかる

国語は問題をどうやって解くのかで迷ったり間違えたりするわけですが、山崎先生の授業は本文から根拠となる部分を明快に指摘して解答をするため、迷う余地がありません。

 

現代文はフィーリングではなく、ロジックで解答しなければならないと思いました。

 

先生が問題を解く際にどのように考えているのかがよくわかるので、その真似をして考えていけばいいのですね。

 

f:id:MT6538:20190314130834p:plain

 

国語の解き方の実演を観る

まずは最初に一回本文を読んで大事なポイントに着眼し、その後は問題を解く際にもう一度その根拠となる箇所をしっかりと確認してから解答する、これが原則なのかなと思いました。

 

非常にキレのいい授業であったため、「実は国語って簡単なのかな?」とも思わされますが、自分でやろうとすると慣れないうちは時間がかかったり迷ったりするでしょう。

 

でも授業を熱心に見て先生のやり方を忠実に習得すれば、国語は確実にできるようになりますね。

 

f:id:MT6538:20170115125846j:plain

スタディサプリで中学受験は?

国語の解法や知識を叩き込める

小学講座の国語(応用)は、小4、小5、小6どれも21講ずつあり、中学受験国語で出題されそうな内容を取り扱っています。

 

国語は読解問題と、漢字ことわざ慣用句のような知識問題があります。

 

読解問題は授業を徹底して観ることで解き方を身につけることができ、知識問題は分量こそ多くないものの、間違いやすいものを整理して取り上げていますので役に立つと思いました。

中学受験するならスタディサプリと塾を併用で

中学受験をするならやはり塾は必要と考えます。国語についても、スタディサプリの授業だけでは問題数が足りていません。

 

塾では市販教材やプリントで国語の演習もたくさんすることになると思います。スタディサプリで苦手な分野の解き方を習得して塾でアウトプットするのがいいですね。 

 

山崎先生の授業でまず本文を読んだときに注目するポイントをつかみ、設問を見て本文から根拠をしっかりと見つけ出すスタイルをマスターすれば、どんな問題でも通用するはずです。

 

ぜひ一度ご覧になってください。

 

f:id:MT6538:20180802150247j:plain

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今回、スタディサプリの小学講座国語の授業を受けてみて記事にしました。

 

山崎先生のスピード感のある解説には納得させられ、文章を読むのは嫌いではないものの問題を解く際にはどうもすっきりしなかった気持ちが解消していきました。

 

やはりフィーリングに頼って国語を解くのはあまりよくないですね。

 

授業1つが5~10分程度ですし、小学生でも集中して見ることが可能です。

 

中学受験を考えている方にとっては、月980円(税抜)でこのような価値ある授業が自分の好きな時に受けられるのはメリットしかなく、塾の費用を考えればほんのわずかです。

 

スタディサプリ全般についてまとめた記事はこちら。

 

www.takec.jp

 

公式サイトを読んでいただくと、よりいっそう詳しい情報がわかります。

 

ぜひクリックしてご自身の目で確かめてくださいね。14日間の無料体験ができます。