スタディサプリ小学講座の中学受験理科はどうなの?

f:id:MT6538:20190224114716j:plain

 

こんにちは。

 

中学受験の理科は、内容が多岐にわたりなかなか大変です。

 

高校では物理・化学・生物・地学と分野ごとに学びますが、中学受験ではこれらの内容をすべて含んでいます。

 

暗記と計算の分野が混ざっているので、人によって得意不得意がくっきり分かれてしまう科目です。

 

スタディサプリの授業は中学受験にも本当に役に立つものなのでしょうか。

 

スタディサプリの小学講座の理科(応用編)を視聴しましたので、内容を紹介してみたいと思います。

 

中学受験の理科が難しいと感じている方には参考になると思いますので、どうぞおつきあいください。

 

 

 

スタディサプリ小学講座の講師は理科ひとすじ34年

 

f:id:MT6538:20190311092528p:plain



 

小学講座の理科(応用)を担当されているのは、相馬英明(そうまひであき)先生。

 

以下、公式ページの紹介文を引用します。

 

 大手進学塾にて、理科だけにこだわり、34年間教え続けた理科のプロフェッショナル。持てるノウハウは無限大。同塾内にて、最優秀教師賞7年連続受賞。近年では全国指導力コンテスト大会4年連続準優勝。つねに全力、全開、全速力を信条とし最高の授業を展開する。

 

相馬先生は「Z会エクタス 栄光ゼミナール」という中学受験塾で教えておられるそうです。

 

f:id:MT6538:20190311093742p:plain

 

Z会エクタスは、首都圏のみで展開しており、大規模ではありませんが上の実績を見れば難関中学志望の生徒が集まる塾ですね。

 

34年理科を指導されているので、中学入試のことは知り尽くしているはずです。

 

 指導力が高く評価されているので、競争の激しい塾業界で長年教壇に立ち続けておられるということですね。

 

f:id:MT6538:20120602071302j:plain

スタディサプリ小学講座理科を実際に視聴

スタディサプリで浮力を学んでみる

小6の講座に「浮力が絶対好きになる!」というタイトルの授業を見つけました。

 

いや嫌いですけど(笑)

 

ということで、本当に浮力が好きになるのか、実際に授業を見てみました。

 

スタディサプリ小学講座理科のテキスト

 

f:id:MT6538:20190311095209j:plain

 

授業を聞いた後にテキストで問題を見ると、当たり前のようによくわかります。

 

先生の言っていることを理解できていればわかる、解けるように作られているので、「理解できた」という爽快感が味わえるようになっているなと思いました。

 

電子黒板で見やすい

f:id:MT6538:20190311100037p:plain

 

相馬先生の授業は黒板に板書するのではなく、電子黒板で黒板消しやペンを使って行われるので、抜群に見やすいです。

 

また、語りかける口調でゆっくりと進めていかれるので、思わず引き込まれてしまいました。 

予備知識なしの生徒が聞いてもわかる

密度や比重といった言葉の意味を説明した後、浮力の大きさの公式、水に沈めた時のはかりの目盛がどうなるかなど順々に進んでいくのですが、

 

浮力のことなど何も知らない子が聞いてもわかる

 

と思いました。

 

浮力の大きさ→ばねはかりの目盛り→下のはかりの目盛り、という順に着目すればできるということが誰が聞いてもわかる。さすがです。

 

f:id:MT6538:20190311101130p:plain

 

できるという感覚を味わえる

着眼点さえわかれば、あとは足し算引き算ができれば理解できる内容でした(汗)

 

言われてみれば「なあんだそういうことか」という気もしたのですが、聞いている人に難しいと感じさせないのは講師の腕ですね。

 

終わりの方で、「水面に浮かんでいる氷が溶けるとどうなるか?」というクイズのような問題があって、私自身あいまいにしかわかっていなかったのですが、授業を聞いてはっきり理解しました(笑)。

 

ちゃんと理由もわかっていないといけないとあらためて感じます。

 

f:id:MT6538:20160712200053j:plain

スタディサプリで中学受験は?

理科の重要ポイントを叩き込める

小学講座の理科(応用)は、小4、小5、小6それぞれ30講ずつあって、中学受験理科で出題されるほぼすべての分野をカバーしています。

 

理科というのはまず原理的な部分をしっかりわかった上で問題演習をしないと丸暗記になってしまうので、本質を誰にでも理解できるよう解説するスタイルはとてもいいと感じました。

中学受験するならスタディサプリと塾を併用で

しかし中学受験をするなら塾は必須と思います。スタディサプリの授業だけでは、問題数がやはり足りません。

 

塾で宿題がたくさん出ると思いますので、スタディサプリで必要な部分だけ授業を受けて問題演習は塾の教材でこなすというやり方でOKです。 

 

相馬先生の授業はポイントがつかみやすく、誰が見てもわかるように進められていましたから、もしかしたら皆さんの塾の先生の授業よりわかりやすいかもしれません。

 

ぜひじょうずに活用してみてください。

 

f:id:MT6538:20190311140641j:plain

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今回は、私自身でスタディサプリの小学講座理科を視聴して紹介しました。

 

相馬先生の語りかけるようなお話は誰が聞いてもわかりますし、私自身理科は嫌いな方だったのでこのような先生の授業を受けたかったです。授業1つが5~10分程度なので集中を切らさずに見ることができました。

 

中学受験を考えている方は、月980円(税抜)でこうしたわかりやすい授業がいつでも見られるのは安心ですし、塾の費用を考えれば損はないと思います。

 

スタディサプリ全般についての記事も書いています。

 

www.takec.jp

 

公式サイトを読んでいただくと、よりいっそう詳しい情報がわかります。

 

ぜひクリックしてご自身の目で確かめてくださいね。14日間の無料体験ができます。