スタディサプリ小学講座で中学受験算数はわかるの?

f:id:MT6538:20190302150434j:plain

 

こんにちは。

 

中学受験をするお子様にとって、塾の授業がちょっと速くて理解しきれていないという状況はよくあることだと思います。

 

特に算数は難しく、なかなか成績が上がらなくて悩みの種となっていることが多いでしょう。

 

塾でわからなかったところを、スタディサプリの授業を見て本当にわかるようになるものでしょうか。

 

そこで、実際にスタディサプリの小学講座の算数(応用編)を視聴してレビューしてみたいと思います。

 

中学受験の算数でお悩みの方には参考になると思うので、最後までおつきあいください。

 

 

スタディサプリ小学講座の講師は中学受験のスペシャリスト!

 

f:id:MT6538:20190307081826p:plain

 

小学講座の算数(応用)を担当されているのは、繁田和貴(はんだかずたか)先生。

 

公式ページの紹介文を引用します。

 

 久我山、西永福、下高井戸、駒込、日吉にある、中学受験に強い完全1対1の個別指導塾TESTEA(テスティー)塾長。開成中・高を経て、東大経済学部卒。小学生時代に有名進学塾SAPIXで3年連続1位を保ち続け、中学受験では開成、筑駒、慶應、灘、全て合格。15年間で3000人以上の指導経験があり、生徒のモチベーションを高め、勉強法を次々改善していく高い指導力と人間的魅力で生徒・保護者からの信頼は絶大である。通称「開成番長」。

 

開成中・高というのは毎年東大合格者数1位の中高一貫校です。

 

SAPIXというのは、首都圏でもっとも中学受験に強い塾ですね。

 

先生ご自身の経歴がすごいだけでなく、指導実績も素晴らしいですね。

 

自分がよくできても良い指導者とは限らないのですが、繁田先生は教え方も上手いので生徒父兄の信頼が厚いのでしょう。

 

f:id:MT6538:20190223140408j:plain

スタディサプリ小学講座算数を実際に視聴

スタディサプリでつるかめ算を学んでみる

知識ゼロの状態で授業を視聴して、本当に理解できるものなのでしょうか。

 

ということで、実際に授業を見てみます。

 

内容は「つるかめ算」(小4)にしました。

 

スタディサプリ小学講座算数のテキスト

f:id:MT6538:20190307083711j:plain

 

授業とテキストが完全に連動していて、ていねいに解き方を書いてあります。

 

また、思っていたより練習問題が多くて、それらを解くことでしっかり理解できたかどうか確認できるのもいいと思いました。

 

まずは、表を使った解き方

つるとかめの数を求めるのに、最初は表を使ったやり方から説明されていました。

 

これはとても理解しやすいもので、「つるかめ算」ってそういうことだったのかとかなり気持ちが楽になりました。

 

f:id:MT6538:20190307084305p:plain

 

実戦的な面積図の解き方

次に、面積図を使った解法の説明になりました。

 

表を使った解き方のほうが意味はわかりやすいですが、表を書くのはちょっと面倒で時間がかかります。

 

なので慣れたらこの面積図で考えるやり方も使いこなしたいですね。

 

f:id:MT6538:20190307084635p:plain

いろいろな問題で鍛えられる

練習問題でつるかめ算のさまざまなパターンをマスターすることができ、これだけやれば典型問題は解くことができるようになると感じました。

 

最後の問題はつる、かめ、カブトムシの頭の数の合計が14で、足の数の合計が66、つるとかめの頭の数が同じというもので、こうした複雑な問題も解けるようになるのですね。

 

面積図より表を使った方がいい場合もあるということもわかりました。

 

f:id:MT6538:20190224144956j:plain

スタディサプリで中学受験は?

算数のあらゆる問題をカバーしている

小学講座の算数(応用)は、小4で15講、小5、小6でそれぞれ30講あって、中学受験算数で出題されるあらゆるタイプの問題をカバーしています。

 

どの授業も重要度が高いので、しっかりと学習すれば中学受験算数のベースを作ることができるコンテンツだと感じました。

中学受験するならスタディサプリと塾を併用で

実際問題としては、中学受験は塾に通わないと難しいと思います。

 

なので、スタディサプリは塾と併用し、補助的に利用するのがいいでしょう。

 

塾で理解が足りなかったテーマについてスタディサプリの授業を見ることで、弱点補強をしていくという使い方です。

 

塾で宿題がたくさん出ると思いますので、スタディサプリで必要な部分だけ授業を受けて問題演習は塾の教材でこなすというやり方でOKです。 

 

f:id:MT6538:20110819105612j:plain

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今回、実際にスタディサプリの小学講座算数を視聴してみました。

 

繁田先生の説明は上手で理解しやすいですし、授業1つが10分前後なので集中を切らさずに見ることができました。

 

中学受験を考えている方は、月980円(税抜)でこれだけのコンテンツをいつでも利用できるので、損はないと思います。

 

スタディサプリ全般についての記事はこちら。

www.takec.jp

 

公式サイトを読んでいただくと、よりいっそう詳しい情報がわかります。

 

ぜひクリックしてご自身の目で確かめてくださいね。14日間の無料体験ができます。