スタディサプリの魅力と特徴!会員登録した塾講師が紹介!

f:id:MT6538:20190313173901j:plain

【2019年3月28日更新】

こんにちは!

 

塾、通信教育と並んで、スタディサプリは誰もが利用する受験の定番ツールとなり、知らない人はいないというほどになりました。その魅力や特徴がよくわかるようにまとめてみました。

 

成績アップや志望校合格に向けての参考になると思うのでぜひ最後までおつきあいください。

 

公式ページ☟

 

f:id:MT6538:20190314160510j:plain

 

スタディサプリで成績が伸びるのか?

数字と具体例から検証してみます。

スタディサプリの実績は?

スタディサプリの利用者はどういった大学に合格しているのでしょうか。

 

公式ページの合格実績はこちら。

f:id:MT6538:20190322150424p:plain

これを見れば、スタディサプリで最難関レベルの大学にまで対応していることがわかります。有名国公立大・私大の合格者が非常に多いです。 

 

もちろん結局は自分の頑張り次第なんですが、成功者の数がはっきりわかるというのは心強い。

具体的に伸びた例は?

本人がめちゃめちゃ勉強したんでしょうが、スタディサプリで驚くような伸びを見せた例はあります。公式ページの合格体験記によれば、

  • 部活中心の生活で現役合格
  • 高校中退から再受験して偏差値を30上げて合格
  • 浪人して予備校に行かずスタディサプリのみで合格

 といった報告がありました。

 

公式ページ☟

スタディサプリの意外なメリット・デメリットは?

メリットは?

ありきたりなもの(「いつでもどこでも見られる」「倍速で見られる」などは省きました)

【いろんな講義をつまみぐいできる】

予備校や他の映像授業だと、最初に慎重に検討して通年講座を取ることになります。高いので、「他のいろんな先生のも見てみたい」となっても、そう簡単に試してみることはできません。

 

ですがスタディサプリなら、いろんな講座の一部だけを気楽に受けることができる。「数学のベクトルだけ」「化学の酸化還元だけ」「日本史の江戸時代だけ」そういった使い方ができるというのは時間とお金の節約になります。

 

【不要になった時に切りやすい】

 これも上の特徴と関連していますが、予備校などの授業は「何か合わないな」「効率悪いので切りたい」となっても、大きな金額を払っているのでためらってしまうものです。

 

スタディサプリなら月980円なので、不要となればちゅうちょなくやめることができます。

 

合格することを第一目的と考えれば、授業を切ることはじゅうぶんに起こり得る話です。

 

【授業をいつでも中断できる】

 スタディサプリの授業はもともと短いものが多いのですが、その途中で中断することさえも自由なので、集中力があまり出ない日は5分ごとにいろんな科目を回すとか、自分で問題集を解くのと交互に混ぜるとかいろんな工夫ができます。

 

逆に集中力が高まっている日には長時間授業を受けることもできるなど、自分の調子に合わせた使い方がしやすいですね。

 

デメリットは?

【授業を取りすぎる】

 安いのであれもこれもと見ようとして、苦痛を感じたり続かなかったりする可能性があります。

 

むしろ取る授業は少なめの方がいいですね。科目を絞ってまずそれに集中しましょう。

 

【授業を見て終わってしまう】

これもよくある話なんですが、「予習(不要なこともある)」「授業」「復習」「問題演習」をバランスよくやることで身についていくのですが、授業を見ただけでよしとしてしまう人がいます。

 

効果はもちろんなくはないです。しかし、「忘れる」「自分で解けない」といった症状が非常に出やすいので講義を視聴して終わりにしてしまうのはいい使い方とは言えないですね。

 

よくあるデメリットとして言われている、「一人だとサボってしまう」「質問できない」については省略しましたが、不安だという方は、合格特訓コースに申し込めばサポートしてもらえます。

 

難関大の現役大学生が質問に答えてくれるサービスが、月額9,800円で受けられます。週1で家庭教師を頼むより安いです。

 

ベーシックコースよりは値段が高いと思われるかもしれませんが、予備校に比べればはるかに安いですし、サービス内容を考えるとじゅうぶんな値打ちがあります。

 f:id:MT6538:20190314160805j:plain

講座概要

小学講座

通年

  • 【基礎】は、学校の授業レベルを丁寧に解説。
  • 【応用】は、中学受験のエキスパート講師たちが入試に出る範囲を全て網羅。 

こんな記事も書いていますのでよろしければご覧ください。

www.takec.jp

中学講座

通年

  • 【基礎】【教科書対応】は、各学年で習う内容を深く理解するために。
  • 【定期テスト対策】は、予想問題をテスト前に。
  • 【応用】は、高校受験につながる発展的な内容

受験対策

  • 【高校受験】は、公立高校の入試を都道府県ごとに傾向を分析したもの。47講座あります。

f:id:MT6538:20190314160602j:plain

高校講座・大学受験講座

通年

  • 【中学総復習】は、英語と数学の中学の内容を一気に復習できます。
  • 【ベーシックレベル】は、教科書レベルまでの内容をやさしく学べて、苦手意識のある方ややり直したい方に最適。どんな入門書よりもわかりやすいです。
  • 【スタンダード】は、一般的な国公立、私大レベル。入試典型問題を意識しており、もっとも効果の高い講座です。
  • 【ハイレベル】は、難関国公立、私大レベル。スタンダードから一歩先へ進んだ応用問題へのアプローチ。さらに得点をアップさせることのできる講座です。
  • 【トップレベル】は、最難関国公立、私大レベル。最上位クラスの大学を志望する人がさらなる飛躍を目指すための講座です。

受験対策 

  • 【AO・推薦対策】は、「Z会東大進学コース」「法科大学院予備校」でも教鞭を取る小柴大輔先生が、「志望理由書ガイド」「自己アピール文・活動報告書ガイド・研究計画追加」「模擬授業ガイド」「ディベート・ディスカッションガイド」「面接・プレゼンテーションガイド」の5講義をしてくれます。
  • 【センター試験対策講座】【志望校対策講座】は、センター試験、旧帝大や早慶その他多くの大学の傾向に特化した講座で、入試本番前には必ずやっておきたい貴重な授業が満載。

その他の講座

資格対策講座

【英検対策講座】【公務員対策講座】【簿記対策講座】があります。

 

未来の教育講座

藤原和博氏の「よのなか科」をはじめ18の講座があり、各業界で活躍する人が学校の授業では聞けない興味深い話をしてくれています。

 

f:id:MT6538:20190314160649j:plain

 

コストパフォーマンスはいいの?

 

f:id:MT6538:20190313174417p:plain

スタディサプリのベーシックコースは、5教科18科目4万本以上の良質な授業が見放題で月額980円(税抜)です。年会費、初期費用などはありません。

 

公式サイトによれば、年間にかかる費用は

  • 塾・予備校 ・・・約530,000円
  • 合格特訓コース・・・117,600円
  • ベーシックコース・・・11,760円

 有名予備校の講師ばかりですから、受けられる授業の質は一般の塾・予備校に通うよりも確かです。

 

 他の動画授業サービスと比較しても、コストパフォーマンスは抜群です。

 

公式ページ☟

f:id:MT6538:20190314160936j:plain

スタディサプリの講師はどんな人?

 

スタディサプリの講師は、有名予備校での多くの受験生を合格に導いた実績のある人ばかりですが、中でも特に個性的な方を紹介します。

 

CMなどで有名な、英語担当の関正生先生は予備校界屈指の実力講師。スタディサプリイチオシの先生です。

 

www.youtube.com

 

大学受験のみならず、中学英語やトイック(TOEIC)といったあらゆる英語の分野をカバーし、著書もたくさんあります。

 

関先生が授業を行う予備校では、あまりの人気のため満席のため立ち見が出たり整理券を配布したりといった異例の状況になったとのことです。

 

こんなに英語って面白かったのか、知らなかった、と感じられるので一度ぜひ受けてみてくださいね。

 

www.takec.jp

 

f:id:MT6538:20190314161033j:plain

        合格特訓コース

 

合格特訓コースとは

 

高校・大学受験講座のベーシックコースに「専用学習プラン」「担当コーチ」を追加した上位コース

 

2019/4/7までキャッシュバックキャンペーン中です。

月額9,800円(税抜)とベーシックコースよりは費用がかかりますが、塾や予備校に通うことを思えば格安。

 

現状や志望校に合わせた専用の学習プランを作成してくれ、難関大現役大学生が担当コーチとなって毎日質問や悩み相談に答えてくれ、激励してくれます。

 

大学受験という不安いっぱいの旅路で、道順をよく知った親切な案内人がいつもいてくれるというわけです。

 

本気で志望大に合格したい方、あるいは自宅浪人で不安な方にぜひおすすめしたいプランになっています!

 

ただ、高3高卒生は早めに申し込まないと締め切られてしまうのですね(受験までに十分時間を取る必要があるため)。

 

「合格特訓コース」については、こちらの記事にまとめてあります。よろしければご覧ください。

www.takec.jp

テキストって購入しないといけないの?

スタディサプリのテキストはレイアウトが非常に見やすく、重要事項や入試頻出の良問で構成されていて、たいへん価値が高いものです。

 

もちろん授業に対応していて、PDFファイルとして無料で閲覧・印刷できますが、各講座のテキストを1冊1,200円(税込・送料込)で購入することもできます。

 

ダウンロードしてPCで見るか、その都度印刷するか、購入するか悩む方もおられるでしょう。

 

手間やインク代を考えると、購入した方が安くすむそうですし、基本的には購入をおすすめします。

 

講義を見ながら自分の言葉で理解が深まるように書き込めば、世界でひとつだけのオリジナルテキストができあがるので、受験前には頑張ってきた自信になりますね。 

 

ただ科目や使い方によっては、PDFのままPCで読んだり、部分的に印刷したりで対応できることがあるので、購入するかどうかはご自身で考えてみてください。 

塾や予備校と併用する人がいるのはなぜ?

人間の性格は違いますから、受験勉強の流儀も人によって変わってきます。

 

スタディサプリだけだとちょっとペースがとりにくいという場合もありますから、そういう方は塾や予備校を併用することを考えてみてはどうでしょうか。

 

スタディサプリは融通性・自由度の高さはバツグンなのですが、管理してもらいたい、プレッシャーのかかる環境がほしいという方はもちろんおられるはずです。 

 

塾・予備校を併用した方がいいタイプかどうか、それぞれの特徴を書いてみます。

  

スタディサプリだけでいい人

 

  • 一人で物事を続けることが平気
  • 自分で計画を立て、決めたことを実行できる
  • どこで勉強してもある程度集中できる
塾・予備校と併用した方がいい人

 

  • 誰かがいっしょにいた方が勉強できる
  • 物事を続けるのにサポートがほしい
  • 勉強できる雰囲気がある場所の方が集中できる

 

 どちらのタイプなのか考えてみて、自分に合ったスタイルを見つけてください!

f:id:MT6538:20190314161114j:plain

スタディサプリかN予備校か?

フィギュアスケートの紀平梨花選手が進学したことで知名度を上げたN高校。そのN高校の課外授業(Advanced Program)にN予備校というものがあり、こちらも注目を集めています。

 

こちらは月額1,000円で予備校講師の授業が受けられるというもので、スタディサプリとよく似たコンセプトですが、いくつか大きな違いがあります。

 

N予備校は、

  • 生授業である(アーカイブで後から見ることはできる)
  • 教材はスマホアプリのみ、印刷はできない
  • 質問、コメントができる
  • プログラミングなど先進的な授業も受けられる

 

といった点がスタディサプリとは異なります。動画授業の数はスタディサプリに比べると少ないです。

 

どちらが合うかは、各自の性格や好みにもよりますが、

「自分で集中的に進めたい」「紙のテキストで復習したい」→スタディサプリ

「決まった時間割の方が安心できる」「他の受講者と一体感を感じたい」→N予備校

 

受験勉強を急がなくてはならない場合は、スタディサプリをすすめます。

 

勉強のペース、生活のリズムを作って計画的に受験勉強をしたい場合は、N予備校もありですね。

 

こんな記事も書いています。

www.takec.jp

ココに気をつけて!

  • 古いサイト記事では、「大学の過去問が無料ダウンロードできる」と書いているものが残っていますが、2018年6月28日を持ってサービスは終了しているようです(センター試験の過去問のみあります)。
  • 時期によっていろいろなキャンペーンが行われます。「キャッシュバックキャンペーン」「1か月無料体験」「教材1冊プレゼント」「テキスト購入割引」などがあります。
  • 現在は、中学講座で「1か月無料でお試し&教材1冊プレゼント」(4/2まで)が、大学受験講座合格特訓コースで「キャッシュバック」(4/7まで)が行われていますのでお急ぎください。

合格特訓コース☟

中学講座☟

 

まとめ

 いかがだったでしょうか。

 

年間払いの予備校や、セットで受講しなければならない映像授業に比べ、月単位の料金の上いつでも利用停止できるというのは非常に便利。その間は費用が発生しません。

 

「存在は知っているけれど、会員登録すべきかどうか」と悩んでいるご家庭の皆さんに、この記事が少しでも参考になればうれしいです。

 

とりあえず14日間の無料体験をしてみて、自分に合うかどうか確かめてみましょう。

 

公式サイトを見るとさらに詳しい情報がわかりますので、ぜひ一度クリックしてみてくださいね。 

高校・大学受験講座はこちら☟

中学講座は4/2まで「1か月無料お試し」「教材1冊無料」

キャンペーンコードはこちら☟